【7Days To Die】【Darkness Falls】ざっくり紹介

7days to die darkness falls 攻略 7daystodie
7days to die darkness falls 攻略
スポンサーリンク
  • 売れ筋
  1. SDカード
  2. おすすめのAnker製品
  3. microSDカード
  4. GALAXY スマホ ケース フィルム特集
  5. iPhone アクセサリ
  6. Lightning(ライトニング)ケーブル MFi認定
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. PCソフトダウンロード
  10. インクジェットインクカートリッジ
  11. タッチペン・スタイラス
    発売日 : 2018年11月07日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥19,077
    新品最安値 :
    ¥19,077
  12. HDMIケーブル
  13. USBケーブル
  14. SDカード
  15. おすすめのAnker製品
  16. 家電 ストア
  17. サンワサプライ
  18. HDMIケーブル
  19. インクジェットインクカートリッジ
  20. オーディオランキング
    発売日 : 2015年04月16日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥7,658
    新品最安値 :
    ¥7,658
バンダイナムコエンターテインメント 【封入特典付】【PS5】SAND LAND(サンドランド) [ELJS-20060 PS5 サンドランド]
スポンサーリンク

【7Days To Die】【Darkness Falls】ざっくり紹介

こちらの記事はα20の内容となっています。最新のDarkness Falls紹介は下記記事にまとまっていますのでそちらをご覧ください。




Darkness Fallsをざっくり紹介していきます。

鋼鉄からチタンへの強化、汚染エリアの研究所探索、レーザー装備の作成、レーザー装備でしか倒せないモンスターが出現するなどエネミーの追加もあり後半のやりこみ要素が多く目標をもってプレイ出来ます。健康値が下がるとHPとスタミナが減るため健康的な食事の重要性も増しています。難易度も程よい難しさ。まずプレイするMODとして最適で非常におススメできるMODです。

Darkness Falls導入方法、Darkness Falls日本語化

Darkness Fallsは7D2D MOD LAUNCHERから導入することが出来ます。

また日本語化に関しても導入方法をまとめていますので導入の仕方は関連記事をご覧ください。



作業台の追加

作業台はかなりの数追加されています。また作成できるアイテムが細分化されていますので注意が必要です。

メタルワークステーション(Metal Workstation)

『メタルワークステーション』は上位の作業台となります。

通常の『作業台』では重要アイテムの『発電バンク』などの電気製品や『セメントミキサー』は作成できないので、こちらの作業台で作成する必要があります。

後述する『アドバンストフォージ』を作成することもできます。


ただし、『セメントミキサー』や『アドバンストフォージ』を作成するためには『メタルワークステーション』に『溶接トーチ』(Welding Torch)をセットする必要があります。

『溶接トーチ』はクラフトによって作成することが出来ないので根気よく探索で探すしかありません。



ビッグフォージ (Big Forge)

『ビッグフォージ』は『炉』の上位互換となります。

通常の『炉』では『鍛鋼』が作ることが出来なくなっているので『鍛鋼』を作成するためには『ビッグフォージ』が必要となります。



アドバンストフォージ (Advanced Forge)

『アドバンストフォージ』は最上位の炉です。

『鍛鋼』も作れるほか、『鍛造チタン』が作成できます。

チタンは最上位の素材となっており、強固な建材(ブロック)やチタン製のツールを作成するために必要になります。




テーラリングワークステーション (Tailoring Workstation)

『テーラリングワークステーション』は衣服や防具を作成するための作業台です。


『テーラリングワークステーション』では『放射線対応』というカスタムパーツが作成できます。

防具にセットして放射能をカットしてくれるカスタムパーツになっています。

通常の放射能装備は防御力が全くありませんが、こちらのカスタムパーツは防具にセットするタイプなので、防御力を維持したまま放射能耐性を獲得できます。

これらは放射能エリアを探索するため、また、後述する研究所を攻略するために必須の装備となっています。



ポータブル旋盤 (Portable Lathe)

『ポータブル旋盤』は装備のパーツを作成できる作業台です。

こちらの作業台はクラフトすることが出来ず、探索などで探し当てるしかありません。

また、ごく稀にトレーダーで販売されていることもありますので販売されている場合には購入を検討しましょう。



メカニックのワークステーション(Mechanics Workstation)

『メカニックのワークステーション』は車両を作成することが出来る作業台です。



ワーキングウォールオーブン(Working Wall Oven)

『ワーキングウォールオーブン』は食料や料理を作成できる作業台です。

『キャンプファイアー』などと違い燃料を消費しないので非常に便利です。

また、『接着剤』などがコストやすく作成できる特徴もあります。



ライティングデスク(Writing Desk)

『ライティングデスク』はスキル本などが作成できる作業台です。スキル本の他にも色々作れるようになっています。

『ジェネリックスキルノート』(Generic Skill Notes)   
    スキルポイントが獲得できる本です

『ブランククラスペーパー』(Blank Class Paper)
   クラス本を新たに作成することでクラスを追加で獲得できます

『****マスタリーブック』(****Mastery Book)
   各クラスのマスタリースキルを習得できることが出来ます



本の作り方

本を作るには『スキルノートの束』(Bundle of Skill Notes)が必要となります。

こちらは探索で見つかるほか、不要な設計図、レシピを解体することで獲得することが出来ます。



また、『インク』(Ink)が必要となりますこちらは主な材料として『染料:黒』を使用して『キャンプファイアー』や『科学実験ステーション』で作成することが出来ます。



『インク』(Ink)を作成する際に必要になる『染料:黒』ですが、こちらも『キャンプファイアー』や『科学実験ステーション』で作成することが出来ます。

『キャンプファイアー』などでレシピが出てこないことがありますのでその場合は、『染料』などで検索すると作成一覧に現れます。

スポンサーリンク



スキル

スキルは大幅に変更が加えられています。アクションスキルとパークに大きく分かれています。

アクションスキルは該当のアイテムの使用頻度により上昇し、その上昇量に応じたスキルにポイントを振る形式となっています。レベルが上がったからと言って序盤から『パルクール』にスキルポイントを全振りするといったプレイは出来なくなっています。

パークはスキルポイントを振ることで解放出来るスキルです。装備やツールのクラフト時の品質を上昇させるクラフトスキルやレシピを解放させるためのスキルがあります。



クラスとミッションの追加

Darkness Fallsには8つのクラスが用意されています。ゲーム開始直後には1つしかとることが出来ませんので慎重に選ぶ必要があります。ゲームが進むと追加でクラスを解放させることもできます。各クラスにはおなじみのスキルなどが再編されています。



クラスには以下のような特徴があります。

『ファーマー』(Farmer)
  『自給自足』『マスターシェフ』料理解放や農業用の種レシピの開放など

『ハンター』(Hunter)
  『ステルスアサシン』『狩人』ステルス性能や動物からの獲得量増など

『ワーカー』(Loborer)
  『高度エンジニアリング』作業台レシピ解放や電気トラップなど

『メカニック』(Mechanic)
  『グリースモンキー』ロボットレシピ解放や乗り物作成など

『スカベンジャー』(Scavenger)
  『カリスマ性』『ラッキーな略奪者』

『サイエンス』(Scientist)
  『解体専門家』『医師』薬レシピの開放や化学実験ステーションなど

『セキュリティ』(Security)
  『突風』『痛み耐性』など近接戦闘が得意

『サバイバリスト』(Survivalist)
   暑さ寒さへの耐性、薬の効果増加など

オススメクラスを別記事にまとめていますのでそちらもご覧ください。

初期から『ブランククラスペーパー』(Blank Class Paper)を持っているので『ブランククラスペーパー』からクラス本をクラフトし、使用することでクラスミッションが開始され、クラスを獲得することが可能です。

また、『ライティングデスク』(Writing Desk)で『ブランククラスペーパー』を新たに作れば他のクラスを取得することも可能です。



建物の追加

建物の追加も多く、特に高難易度の大型建築物が追加されています。



また、特別なトレーダーが荒地に出現しております。

このトレーダーでは『錬鉄』や『鍛鋼』などの素材が大量に販売されていることに加え、クラフトに必須で必要な『溶接トーチ』(Welding Torch)や『ツール&ダイセット』なども販売されいる事が多いです。



エネミーの追加

エネミーもかなりのバリエーションが追加されています。

ステージが進むと『デモニック』(Demonic~~)と名前の付いたエネミーが登場するようになります。

デモニックはHPがかなり高いことに加えて自然回復力がかなり高くなており通常の装備で倒すことはほぼ不可能になっています。

デモニックを倒すためには後述するレーザー系の装備を使用することが必須です。

レーザー系の攻撃を加えるとデモニックのHP回復能力を一時的に止めることが出来ます。



デモニックの他にも『インキュバス』(Incubus)や『デモニックベヒモス』(Demonic Behemoth)など異形の怪物が登場します。

こちらのエネミーも高いHPに加え超自然回復能力をもっていますので レーザー系の装備ではないと倒すことが不可能です。

スポンサーリンク



酪農

鶏舎 (Chicken Coop)

『鶏舎』は一定時間経過で羽根と卵を生み出してくれる施設になっています。



蜂の巣(Beehive)

『蜂の巣』は一定時間経過で『蜂蜜の瓶詰め』『動物性油脂』を生産してくれる施設です。

特に『動物性油脂』は料理に使うことが多いので自動的に生産してくれる施設はありがたいです。



農業

農業は通常どおり『耕作区画』を使用した農業の他、鍬を使った農業も可能になっています。

『スクラップ鍬』(Scrap Iron Garden Hoe)をクラフトし、『スクラップ鍬』を使い土を耕します。

耕すと畝(うね)のように土が盛り上がる部分とへこむ部分が出来ます。

畝(うね)の盛り上がった部分に種を植えることが出来ますが、へこんだ部分には種を植えることはできません。

また、植物を育てるためには付近に水がある事が条件となります。これは『耕作区画』を使った農業の場合でも同様です。



鉱石の追加

鉱石が3種追加されています。

  • Titanium(チタン) 
  • Plutonium(プルトニウム)
  • Raw Uranium(ウラン)

『チタニウム』(Titanium)は上位のツールであるチタン製の装備の材料、またチタン製のブロックの材料となります。

『プルトニウム』(Plutonium)、『生ウラン』(Raw Uranium)はレーザー製装備の弾の材料となります。

3種の鉱石はどれも荒地(汚染区域)の地下を掘ることで採掘することが可能です。

荒地(汚染区域)はマップ上では下記画像のように表示される場所です。どの鉱石も中々採掘されないので根気よく採掘する必要があります。



時刻は表示されていない 

Darkness FallsはUIに時間が表示されていません。時間はトレーダーか自動販売機で確認することが可能です。クラスによっては時計を作れるようになるクラスもありますが、もしデュークに余裕があればトレーダーで自動販売機を買ってしまうのも一つの手です。



スキル:技術的改善(Tecnological Improvements)

特性の中に『技術的改善』という特別な特性があります。

『技術的改善』を取得することでレーザーベンチなど高度なアイテムのレシピが解放されたり超人的な身体能力を獲得できたりします。

『技術的改善』は『ライティングデスク』で『未来は今!』(The Future Now!)という本を作成し使用する事で習得が可能になります。

これを作成するには『リサーチノート』(Research Note)が素材として必要になります。この素材はエネミーのドロップなどで見つけることが出来ます。



『技術的改善』は以下のスキルに分かれています。

未来のテクノロジー (Future Technology)

スキル『テクノロジークラフト』(Technology Crafting)にポイントを振ることで『レーザーワークベンチ』など高度な作業台やレーザー装備、パワーアーマーなどを作成することが可能になります。


生物学的ブースト (Biological Boosts)

『トランスヒューマン』(Transhuman)と『加速回復』(Accelerated Healing)のスキルがあります。

なお、『トランスヒューマン』と『加速回復』は、どちらかを取得してしまうと、後述する『技術ブースト』(Technological Boosts)は獲得することが出来ません。

『トランスヒューマン』     
   物理ダメージ耐性、熱耐性、近接ダメージを伸ばします

『加速回復』 
   負傷時に強烈なHP回復効果が得れ、出血骨折を直します。

こちらのスキルはポイントを振るのではなくアイテムを使用することで上昇させることが出来ます。どちらも作成するには『デモニックエッセンス』(Demonic Essence)という素材が必要となります。『デモニックエッセンス』はクラフトが出来ず、エネミーなどから根気よく獲得しなければなりません。



技術ブースト (Technological Boosts)

『フィジカルコンディショニング』(Physical Conditioning)と『ゴッタ・ゴー・ファスト』(Gotta Go Fast)のスキルがあります。こちらもどちらかを取得してしまうと、前述の『生物学的ブースト』(Biological Boosts)は獲得することが出来ません。

『フィジカルコンディショニング』(Physical Conditioning)
  体力とスタミナの上限が上がります

『ゴッタ・ゴー・ファスト』(Gotta Go Fast)
  移動速度向上とスタミナ消費が減ります。

こちらのスキルはポイントを振るのではなくアイテムを使用することで上昇させることが出来ます。どちらも作成するには『ナナイト』(Nanites)という素材が必要となります。こちらの『ナナイト』に関しては『デモニックエッセンス』と異なり、作成することが可能になっています。

スポンサーリンク


レーザーワークベンチ(Laser Workbench)の作り方

『レーザーワークベンチ』(Laser Workbench)はすべてのアイテムを作成できる作業台となっている他、この作業台を作ることで超回復力を持つデモニックエネミーなどにも対抗できるレーザー装備をクラフトすることが可能になるので後半では必須な作業台です。

『レーザーワークベンチ』は作り方にコツがあるので少し解説をしていきます。

『レーザーワークベンチ』は『レーザーワークベンチ』でしか作成できないので、1個目は設置してある『レーザーワークベンチ』で作成するほかありません。

① 『ライティングデスク』で『未来は今!』(The Future Now!)を作成し
  『技術的改善』(Tecnological Improvements)パークを解放

② 『技術的改善』の『テクノロジークラフト』(Technology Crafting)に1ポイント振る

③ 『レーザーマルチツール』(Leser Multi Tool)を手に入れる。

④ 『鍛造チタン』(Forged Titanium) ×25
  『電気部品』 ×20
  『エネルギーセル』(Energy Cell) ×5 を用意する

⑤ ③④を持って、荒地(汚染区域)で研究所を探して深部に設置してある『レーザーワークベンチ』を探す

⑥ 深部にある『レーザーワークベンチ』に『レーザーマルチツール』をセットすると作成可能になる

まずは『レーザーマルチツール』(Leser Multi Tool)を手に入れる必要があります。

『レーザーマルチツール』はステージが上がった後のエネミー袋から獲得できるほか、後述する研究所でも手に入る可能性があるので、手に入っていなくてもイチかバチか研究所に行ってみるという手もあります。



荒地(汚染区域)にある研究所を探します。研究所の入り口は下記のような軍事キャンプのような場所のテントの下に隠してあります。



研究所の中はデモニックなどの敵が大量に配置してあるので連射力の高い装備を持っていき、レコグなどで自身を強化し、薬や延焼回復用の飲み物も大量に持ち込みましょう。研究所の入り口付近のコンテナの中からレーザー装備が発見できれば攻略もかなり楽になるはずです。



深部には『レーザーワークベンチ』が設置されているので、そこに『レーザーマルチツール』をセットすることで作成することが可能になります。