【7Days To Die】【GNAMOD】ざっくり紹介

7Days To Die gnamod 紹介 7daystodie
7Days To Die gnamod 紹介
スポンサーリンク
  • 売れ筋
  1. SDカード
  2. おすすめのAnker製品
  3. microSDカード
  4. GALAXY スマホ ケース フィルム特集
  5. iPhone アクセサリ
  6. Lightning(ライトニング)ケーブル MFi認定
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. PCソフトダウンロード
  10. インクジェットインクカートリッジ
  11. タッチペン・スタイラス
    発売日 : 2018年11月07日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥19,077
    新品最安値 :
    ¥19,077
  12. HDMIケーブル
  13. USBケーブル
  14. SDカード
  15. おすすめのAnker製品
  16. 家電 ストア
  17. サンワサプライ
  18. HDMIケーブル
  19. インクジェットインクカートリッジ
  20. オーディオランキング
    発売日 : 2015年04月16日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥7,658
    新品最安値 :
    ¥7,658
スポンサーリンク

【7Days To Die】【GNAMOD】ざっくり紹介

7Days To Die大型MODのGNAMODをざっくりと紹介していきます。こちらのMODは大きく追加された作業台やアイテムは多くはありませんが建築や装備などの仕様がかなり複雑になっています。わかりにくい仕様を少し解説していきます。バージョンは0.9.0.0(α20.5)です

GNA MOD導入方法&日本語化(2022/10/08追記

GNA MODは7D2D MOD LAUNCHERから導入することが出来ます。当サイトで日本語化MODの配布も行っていますので、導入方法と日本語化の方法に関しては関連記事をご覧ください

※この記事は日本語化作成前の記事となっておりますのでご了承ください。

作業台の追加

Worktable

『Worktable』は基本となる作業台です。バニラにもある通常の『作業台』の下位互換に当たります。基本的なツールや装備などのクラフトは出来ますが、機械や乗り物といった高度なクラフトは出来ません。

Smelter

『Smelter』はセメントや釘、錬鉄などを作成することが出来ます。いつも通り『炉』をクラフトしようとして「炉」や「forge」といったワードでは検索に出てこないので注意が必要です。

ChemistrySet

『ChemistrySet』はガソリンや救急キットを作成できる作業台です。『科学実験ステーション』の下位互換のような位置づけです。下位互換ではありますが『ビーカー』や『酸ボトル』などの重要なアイテムを素材とするのでクラフト難易度はそこそこ高いです。探索で入手することもあるのでクレートボックスなどを入念に探すと良いかもしれません。

CementBucket

『CementBucket』は鉱石を加工できる作業台です。『セメントミキサー』の下位互換であると考えると良いかもしれません。建築をする際のブロックなどの素材をクラフトすることが出来るので優先度が高い作業台になります。アイコンが作業台に見えないので注意が必要です。

作業台

『作業台』はバニラにもある『作業台』同等のものと考えてよいでしょう。自転車やミニバイクなどはこちらの作業台ではないとクラフトすることはできません。また『化学実験ステーション』などの高度な作業台を作成できます。

スキルの追加

スキルは一見変更が無いよう見えますが大きく変更されています。一番大きな変更点はレシピの開放がスキルによっては行えず、すべて「設計図」や「レシピ本」によって解放されます。一見レシピが解放されそうな『自給自足』もスキルポイントを振ってたとしても種などはクラフト出来るようになりませんので注意が必要です。

レシピの開放とクラフトの品質を上げるスキルは別途GNAMOD特有のスキルの方にまとまっています。これらをアンロックさせるには「設計図」や「レシピ本」が必須です。

ツール類の仕様

ツールや装備は修理をせず使い続けていると壊れて消滅をします。また防具に関しても同じ仕様になっており、いつの間にかすべての装備がなくなっているなどの事態も発生します。なるべく細やかに修理するようにしましょう※特に防具

またツールや装備の仕様がかなり複雑になっているので解説をします。ツールや装備は完璧にパーツをセットすることで初めて使用が出来ます。下記画像はクラフトしたての『Makeshift Picaxe』ですがこのままでは使用が出来ません。

『Makeshift Picaxe』を使用するには『Makeshift Picaxe』の「改造する」をクリックし、グリップと柄のパーツを取り付けることで使用可能になります。

『Makeshift Picaxe』の場合、下記の3つの構成にならなければ使用することが出来ません。『Short Shaft(Makeshift)』と『Melee Grip(Makeshift)』を別途クラフトして、『Makeshift Picaxe』にセットしましょう。
〇『Makeshift Picaxe』
〇 ┣『Short Shaft(Makeshift)』・・・柄
〇 ┗『Melee Grip(Makeshift)』・・・グリップ

また、遠距離装備なども同様の仕様になっており、発見した際にはパーツが壊れているために使用できないものが多数あります。その場合は上記『Makeshift Picaxe』同様に装備にセットされているパーツが壊れていないか確認してみてください。装備に付いている『Broken**』という表記になっているパーツは壊れていますのでその装備は使い物になりません。すべての壊れているパーツを作業台で作成し交換することが必要です。

エネミーの追加

エネミーは見た目が大きく変わっているものは出現しませんが、サイズの大小がかなりのバリエーション登場し、大型のものほどHPなどが高い傾向にあります。また、スパイダー化したエネミーが追加されており、動かずに待機しているスリーパーなどは見た目だけでは判断できません。近づいてみて初めてとびかかられピンチに陥ることもしばしばあるでしょう。

また、通常のエネミーの中に遠距離攻撃を仕掛けてくるエネミーが追加されています。かなりの割合で存在するため注意が必要です。フェラルホードにも遠距離攻撃エネミーがかなりの数出現するのでフェラルホードの難易度が段違いに高くなっています。

建物の追加

デフォルトで建物の追加はありませんが道には大量の車が投棄されており、草も茂っているので雰囲気が非常に良いです。サバイバル感を演出してくれます。

注意点として、道端や建物にはかなり多くの地雷が仕掛けられており、序盤は地雷に苦しめられる事でしょう。注意深く足元を見ましょう。

食料

食料は缶詰などが多く見つかりますが、缶切りのようなアイコンがついた缶詰は缶切りが無いとあけることが出来ません。

アイコンがプルタブのようになっている缶詰はそのまま開けて食料にすることが出来ます。

建築の仕方

建築の仕方がその他のMODと大きく変更されているため解説をしていきます。

ブロックを作るにはまず『Blueprint』というアイテムを使用し、各ブロックのBlueprintを作成~設置後そのブロックBlueprintに応じた素材を持った状態で強化する必要があります。代表的な例を2つ解説します。

Strong Plated Wood Block(木製フレーム)の作り方

①『Blueprint』から『Plated Wood Block Blueprint』を作成
②『Iron Scraps』『Sawed Wood』『釘』から『Platedwood + Nails』を作成
③『Plated Wood Block Blueprint』を設置
④『くぎ抜きハンマー』を装備して設置した『Plated Wood Block Blueprint』を強化

①探索で見るかる『Blueprint』から『Plated Wood Block Blueprint』を作成します。


②『Iron Scraps』『Sawed Wood』『釘』から『Platedwood + Nails』を作成します。


③『Plated Wood Block Blueprint』を設置します。


④『くぎ抜きハンマー』を装備して設置した『Plated Wood Block Blueprint』を強化します。

Granite Block(花崗岩ブロック)の作り方

①『Blueprint』から『Granite Block Blueprint』を作成
②『セメント』『Fine Aggregate』『Lime Powder』から『Bulk of Mortar Mix』を作成
③『作業台』で『Granite』から『Granite Blocks』を作成  ※作業谷『Chisel』がセットされてる必要あり
④『Bulk of Mortar Mix』を開封し『Mortar Mix』を取得。
⑤『CementBucket』で『Mortar Mix』『Granite Blocks』『Iron Bucket(Water)』から『Big Bulk of Granite Brick + Mortar』を作成。
⑥『Granite Block Blueprint』を設置
⑦『Throwel』を装備して設置した『Granite Block Blueprint』を強化

①『Blueprint』から『Granite Block Blueprint』を作成します。

②『セメント』『Fine Aggregate』『Lime Powder』から『Bulk of Mortar Mix』を作成します。『セメント』は『Smelter』で作成が出来ます。また『Fine Aggregate』『Lime Powder』は『CementBucket』で作成できます。

③『作業台』で『Granite』から『Granite Blocks』を作成します。作業谷にセットするアイテムの『Chisel』がセットされていないとレンガなどは作成できません。

④『Bulk of Mortar Mix』を開封し『Mortar Mix』を取得します。

⑤『CementBucket』で『Mortar Mix』『Granite Blocks』『Iron Bucket(Water)』から『Big Bulk of Granite Brick + Mortar』を作成します。『Iron Bucket(Water)』は『Smelter』でバケツを作り、水場で水を汲むことで入手できます。

⑥『Granite Block Blueprint』を設置します。

⑦『Granite Block Blueprint』を強化しますが、この時『くぎ抜きハンマー』では強化が出来ません。『Throwel』というアイテムを装備して強化してください。コンクリート系のブロックはこの『Throwel』がないと強化が出来ないようです。

手元でのクラフト

細かい仕様ですが、作業台などを使わなかった場合のクラフト(自身でクラフトする場合)にはクラフト中の画面を見ていないとクラフトが完了しません。これは装備の修理などにも適応されており、ブラッドムーンホード中などに戦いながら装備を修理することが不可能になっています。地味に嫌な仕様です。作業台などに頼らなくてもクラフト可能なものであっても、なるべく作業台等で製作するようにしましょう。

お金(デュークコイン)

バニラでトレーダーからの購入に使用できる『デュークコイン』が通貨ではなくなっています。GNAMODでの通貨は『Money』(昔の紙幣)です。誤って捨ててしまわないようにしましょう。また『デュークコイン』は解体して真鍮にするだけのアイテムとなっています。

created by Rinker
¥2,035 (2024/04/16 17:45:02時点 楽天市場調べ-詳細)